VTuberになるには?なり方・初め方3通りを簡単に解説

CG

こんにちは、意識の低いCGアニメーターです。

現在、VTuber運営で働いている私ですが

今回はVTuberのなり方・始め方をざっくり簡単に説明していきたいと思います。

手段によって大きく3つに分けられるので、

自分にはどの方法が合っているのか検討してみてください。

  • オーディションを受ける
  • 既にある仕組みを利用する
  • モデルから自作する

それぞれ解説していきます。

オーディションを受ける

あなたがVTuberとしてがっつりやっていきたいという想いや、

将来VTuberとして活躍したいという明確な意志を持っているならば、

オーディションを受けてみるのはどうでしょうか。

バーチャルYouTuber オーディション VTuber 魂募集

などのキーワードでGoogle検索やTwitter検索をしてみると、オーディション情報が出てきます。

  • 技術的なことは何もしたくない人
  • 職に就きたい人
  • 活動だけに専念したい人

そういった人はオーディションを受けるのが良いでしょう。

オーディションを受けることのメリット

  • クオリティの高いモデルで始められる
  • 他の人とかぶらない
  • 初めから多少ファンがつく

オーディションを受けることのデメリット

  • 募集人数が多いと選ばれない
  • 競争がある
  • キャラクター所有者の方針に従うので完全な自由ではない
  • 企業によって資金繰りや待遇がまちまち
  • 契約があるので始めると簡単に辞められない

しかし、上記のように大きなデメリットもあるので慎重に、ある程度覚悟をもって決断してください。

オーディションを受けてVTuberになる場合、企業やキャラクターの作者と結んだ契約に従うことになります。

あなたの人生に良い意味でも悪い意味でも大きな影響を与える可能性があるので充分に検討して決めるようにしましょう。

すでにある仕組みを利用する

キャラクターになりきって配信できるアプリがいくつかあります。

キャラクターはそれぞれのアプリであらかじめ用意されている中から選んで使いますが、

誰でも気軽にお試しで始めることができるので、

あなたが、まず体験してみたい!という段階なら

既にあるアプリなどの仕組みを利用してVTuberになってみるのが良いでしょう。

すでにある仕組みを利用するメリット

  • 気軽に始めることができる
  • プログラムやモデリングの知識がなくてもいい
  • スマホから配信できるものもある
  • モデルのクオリティが高い

すでにある仕組みを利用するデメリット

  • アプリで用意されているモデルを使うので他の人とかぶる
  • 他の人とかぶる分、目立ちにくい
  • アプリやモデルの規約を守る必要がある

モデルから自作する

上の2つは他の誰かが作ったモデルを使用する分、活動内容に縛りがあります。

そんなのはイヤだ!全て自分で決めて自由にやりたい!

というあなたは自分でVTuberを作ってしまいましょう。

モデルから自作することのメリット

  • 自分の所有物になるので何をしても自由!
  • 自分だけのオリジナルなキャラクターにできる!
  • 設定や活動内容も自由
  • 自分の手でパーツや道具を足していくことができる
  • 内部の仕組みを深く理解することができる

モデルから自作することのデメリット

  • 時間と手間がかかる
  • 勉強が必要
  • クオリティは自分次第
  • 配信を始めるまでに心が折れそうになるかもしれん

自分の目的に合った始め方を選ぼう

VTuberへのなり方は一つではありません。

あなたが技術をアピールしていきたいという場合や、

あなたが描いたキャラを活動させたい!

という場合は、モデルを自作するのが良いでしょう。

とにかく早く始めて発信したい!

という場合は既存の仕組みを利用するのが良いでしょう。

自分の声や性格を好きになってもらいたい!

グループで楽しく活動したい!

という場合はオーディションを受けるのが一番自分の想いを叶えられるかもしれません。

VTuberのなり方・初め方は一つではないので、

あなたの目的に合った手段でVTuberを初めてみましょう。

やってみると初めて分かることや新しいissueが見つかります。

昨日より一歩進んだあなたを褒めて、また新しい一歩を踏み出してみませんか?

今後のあなたの活躍を楽しみにしています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ここまで読んだ方にオススメ↓↓

【VTuber業界】にじさんじとホロライブの二強となったのはなぜか?【比較】

【VTuber活動】FaceRigで使えるWEBカメラにオススメは無い

CG
スポンサーリンク
意識の低いCGアニメーターをフォローする
この記事を書いた人
意識の低いCGアニメーター

専門学校から大手CG映像制作会社に就職。

憧れのアニメに参加するも、炎上案件で残業まみれになり、
新卒後2年で転職。
現在はバーチャルYouTuber事業、VR事業に携わって働いている。

意識の低いCGアニメーターをフォローする
意識の低いCGアニメーター

コメント

  1. […] 合わせて読みたいVTuberになるには?なり方・初め方3通りを簡単に解説 […]

タイトルとURLをコピーしました