【Unity】オブジェクトを持たせたい時の追従方法~コンストレイントの使い方~【画像多め】

CG

Unityのコンストレイントってどこにあるの?

どうやって使うの?

  • キャラにアイテムを持たせたい
  • オブジェクトを追従させたい
  • でもプログラムは書きたくない!

そんなときにはコンストレイントが有効です。

コンストレイントの使い方

今回はUnityちゃんにこちらのシンプルな赤い棒を持たせたいと思います。

コンストレイントの追加

赤い棒をクリックし選択します。

コンストレイントを追加します。

  1. InspectorのAdd Componentを押す
  2. constraintと入力し検索🔎
  3. Parent Constraintをクリック

今回はParentConstraintを選びます。

Parent Constraintが追加されました。

ソース(追従先)の追加

ConstraintSettingsSourcesをクリックします。

List is EmptyからNone(Transform)と表示されました。

ここに追従したいオブジェクトを入れます。

今回は右手に追従させたいのでUnityちゃんのRightHandを入れます。

UnityちゃんのRightHandをドラッグ&ドロップ

Sourceに追加できました。

コンストレイントをアクティブにする

とりあえずZeroボタンを押します。

赤い棒が右手に移動しました!

Is Activeにチェックが入っていることを確認し、

一度実行してみます。

追従しました!!!!!

しかし、手首に赤い棒がぶっ刺さっているので、もう少し位置を調整したいです。。

位置を調整し持たせる

  1. Constraint Settingsをクリックし展開します。
  2. 展開した項目の中からLockのチェックを外します。

すると下の数値がいじれるので、Xをドラッグして調整してみましょう。

細かい調整は数値を入力してやっていきます。

ぶっ刺さりが回避できるように他の数値も調整していきましょう。

手の位置に赤い棒を調整できました!

調整ができたら再びLockにチェックを入れて終了です。

Unityちゃんに赤い棒を持たせることができましたね!

おわり

CGでは

  • キャラにモノを持たせるとき
  • 目線を追従させるとき
  • リグを作成するとき

と色々な場面でコンストレイントを使用するのですが

Unityでも同じことをしようとググっても、コンストレイントに関する記事はなかなかありませんでした。

ゲームクリエイターやプログラマ界隈ではあまり使用しないのでしょうか…?

ちょっとわかりませんが、私のようなCGから来た人間はコンストレイントがとっつきやすいので基本的なところを書きました。

なによりコードを書かなくていいですし。

コードからコンストレイントを動的に扱う方法はさらに見つかりにくかったので、また別記事にして書くつもりです。

では。

関連の高い記事↓↓

MayaからUnityへの書き出しで引っかかったこと~コンストレイントが移行できない~

VTuberがオワコン化していくのはなぜ?7つの理由

ユニティちゃんライセンス

この作品はユニティちゃんライセンス条項の元に提供されています

CG
スポンサーリンク
意識の低いCGアニメーターをフォローする
この記事を書いた人
意識の低いCGアニメーター

専門学校から大手CG映像制作会社に就職。

憧れのアニメに参加するも、炎上案件で残業まみれになり、
新卒後2年で転職。
現在はバーチャルYouTuber事業、VR事業に携わって働いている。

意識の低いCGアニメーターをフォローする
意識の低いCGアニメーター

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました