【昆虫食レビュー】食べた虫たちの感想を述べていく【9種類網羅】

雑記

実際に食べたのはもう1年ほど前なので記憶が薄れているところもありますが、一般人にしてはけっこう食べている方だと思うので、感想を残しておこうと思います。

こちらは私が食べた虫たちです。

  • ハチノコ
  • バッタ
  • セミの幼虫
  • サソリ
  • ムカデ
  • ゲンゴロウ
  • カイコ
  • コオロギ
  • タガメ

ハチノコ

プチっとした食感を期待していたら、へにゃりと穴の空いた紙風船のように歯ごたえが弱い。私は中身のない衣を食っているかのよう。

よく噛むと、その中で「もそもそ」とした食感がある。テレビで虫食ってた芸能人が「もそもそ」と表現していたのをこの時思い出した。

粉みたいなとり肉の絞りカスがひとつまみ入っていたというような。とにかく薄味。

バッタ

サクサクした食感。

えびせんに入ってる小さいエビみたいな味。

すこし美味しい。

なんか掃除機の排気みたいな味もした。

セミの幼虫

けっこう身が詰まってたから思わず驚いてしまった。噛んだ瞬間弾ける感覚があり食感は良い方。とはいえ、プリッやプチッのような感じではなくブツリといった食感。外皮を食い破る快感はあったものの、やはりその中身は「もそもそ」としている。もそもその部分が多く比較的おいしい。

サソリ

歯を入れたのは腹の部分で、外皮がカリッということはなく、グニョリと歯が沈む。お腹は柔らかい。力を入れて引きちぎると少し苦くてボロボロと崩れる。イメージはサザエの身でいう深みどりの部分。

ムカデ

薬品の味。漬けられていたのかわからんけど薬品のような味が強烈すぎて他の味がよくわからん。衝撃。強烈な薬品みたいな味の中にサソリ同様の内蔵の味。ほんのちょっぴりだけ脚はエビだったかも。

ゲンゴロウ

噛んだ瞬間、動物園の泥のような味がした。外殻が固く、グシャグシャバリバリと噛み続けるしかない。固い殻を飲み込むのが不安で中々飲み込む勇気が出ない。よって噛み続けることになる。その間、口の中には動物園の臭いが広がる。

カイコ

あんまり覚えてないが、たしかナッツのような味。おいしかったと思う。

コオロギ

見た目がダメで口に入れるのを躊躇した。長いヒゲとお腹が大きく柔らかそうなのがあまり良い食感が想像できずに、睨みあう時間が続いた。コオロギはゴキブリと近種ということもあり、テカテカとした質感も躊躇させる要因だったと思う。

腹はやはり柔らかく、噛み切るというよりは噛み潰す感じになり少々グロテスクに感じた。脚は食べやすくとても美味しい。エビの殻のような味。

タガメ

これが本当に意外で。私の中で最も評価が高い。他の人間にも自信をもって勧めることができる。おいしい。見た目からは全く想像できないが味はとてもフルーティで、それは洋ナシの味なのだ。全く意味が分からない。なんでこんな味になるんだ?

以上です。

多分出す店や調理方法によって味は大きく変わるものだと思うので、また機会があれば食べたいと思う。

雑記
スポンサーリンク
意識の低いCGアニメーターをフォローする
この記事を書いた人
意識の低いCGアニメーター

専門学校から大手CG映像制作会社に就職。

憧れのアニメに参加するも、炎上案件で残業まみれになり、
新卒後2年で転職。
現在はバーチャルYouTuber事業、VR事業に携わって働いている。

意識の低いCGアニメーターをフォローする
意識の低いCGアニメーター

コメント

タイトルとURLをコピーしました