【Premiere Pro】 エフェクトの使い方・追加する方法【初心者向け】

動画編集

YouTubeの動画を観ていたら、いろいろなエフェクトが使われているのを目にすると思います。

エフェクトを使うにはどこから始めればいいのでしょうか。

エフェクトコントロールパネルの使い方を知ればあなたが見ているYoutuberの画面を自在に再現することができます。

この記事では、エフェクトを使いたいけどどこから手を付けていいか分からない超初心者向けにAdobePremiereProのエフェクトを解説していきます。

エフェクトを適用する方法

エフェクトを適用する方法は、知ってしまえばとても簡単です。

エフェクト一覧から適用したいクリップにドラッグアンドドロップします。

またはエフェクトコントロールパネルにドラッグ&ドロップしても適用できます。

エフェクトコントロールで効果を調整

エフェクトコントロールパネルの数値をいじることで狙った効果が出るよう調整できます。

例えば、波形ワープというエフェクトであれば、

  • 波の高さ
  • 波の速さ
  • 回数

などを調整できます。

よく使うエフェクトを紹介

エフェクトは全てを覚える必要はありません。

よく使うエフェクトもあれば、あまり使わないエフェクトもあります。

プロも全てのエフェクトを把握しているわけではありません。

こういう動画にしたい!とか、カッコイイ表現を加えたい!

という目的があってその目的のために必要なエフェクトを調べながら使っていきます。

理想の動画を実現する方法は一つではありません。

いろいろなエフェクトを知っていれば複数の選択肢から手段を検討することができます。

ですので、よく使うエフェクトをかいつまんで少し紹介します。

ブラー(ぼかしたい)

背景やピントの表現をしたい場合はブラーを使います。ブラーを使えばぼかしを自在に操ることができます。

Ultraキー(グリーンバックを抜きたい)

グリーンバックやブルーバックを切り取りたいときにはこちらのUltraキーというエフェクトを使うのがいいです。Ultraキーは使い方が超簡単で優秀なのでぜひ覚えておくことをオススメします。

ワイプ(左から右へ徐々に切り替える)

ワイプ自体はカット切り替え手法の一つとして語られますが、私の場合ワイプは主にテロップを切り替える時によく使います。

長文のテロップを出すと、まだタレントが喋っていない内容も先行して出てしまいます。ですので、喋っているスピードに合わせて左から右へ徐々にテロップを出すと見やすくなります。そういった長文のテロップではワイプが有効です。

塗りつぶし(1色でぬりつぶしたい)

動画編集では、黒や白の平面をよく使います。映像作品でも白や黒だけの画面を演出上つかうことも多いです。他にも、文字の背景に塗りつぶしを使うこともあるのでテロップを入れる際にもよく使います。

カラーバランスHLS(色を調整したい)

カラーバランスは色味を調整するエフェクトの一つです。

HLSとは色相(Hue)、輝度(Lightness/Luminance )、彩度(Saturation)のことで、赤を青にしたり、色の鮮やかさや明るさを調整することができます。

他のカラー補正より直感的でわかりやすいのでぜひ触ってみてください。

波形ワープ(波立たせたい)

波形ワープはディストーションというカテゴリーに属しています。

画面をゆがめたり、自在に変形させる効果がディストーションに含まれます。

波形ワープを使うと動画やテロップを波打つようにゆがませることができます。

エフェクト習得の近道はとにかく試してみること

とにかく試してみることがエフェクト習得の近道です。

エフェクトの名前をググって色々調べるより、とりあえず適用してしまった方が効果が目に見えて分かります。

理科の実験と同じです。教科書を暗記するより、実際に塩酸を入れて体験として覚えた方が早く覚えられます。

なので、知らないエフェクトもまずはどんどん適用してみましょう。

動画編集
スポンサーリンク
意識の低いCGアニメーターをフォローする
この記事を書いた人
意識の低いCGアニメーター

専門学校から大手CG映像制作会社に就職。

憧れのアニメに参加するも、炎上案件で残業まみれになり、
新卒後2年で転職。
現在はバーチャルYouTuber事業、VR事業に携わって働いている。

意識の低いCGアニメーターをフォローする
意識の低いCGアニメーター

コメント

  1. […] 【Premiere Pro】 エフェクトの使い方・追加する方法【初心者向け】 […]

タイトルとURLをコピーしました